弁理士・税理士・弁護士等の専門家はうまく活用しましょう。

2010/08/03 10:00
投稿者: kakigi 
弁理士・税理士・弁護士等の専門家はうまく活用しましょう。


事業をなされている皆様は、どこかで士業の専門家を利用されていると思います。
現実には、この士業をうまく使えていない企業様が多いように思います。
皆さん、士業へは、事業において最後の段階で相談に行っていないでしょうか。
士業は、その専門分野においていろいろな経験をしており、実はいろいろなアドバイスができることが多いのです。

例えば、弁理士では、大抵の方が、製品がほぼできた段階で特許出願や意匠出願をしたいとご相談に来られますが、このタイミングでは、特許性が厳しい場合でも、もう製品が出てしまうので再検討する時間もなく、どうすることもできない状態となっています。

是非とも、皆様の事業に関連した新しいアイデア等が生まれた場合には、それなりにまとまりかけた段階で一度ご相談頂きたいと思います。この段階で、ご相談頂くと、特許等を取得するためにはどのように改良すればよいかなどのアドバイスをすることができますので、製品自体をブラッシュアップすることも可能です。

特許権などの知的財産権を取得するか否かは、後から決めればよいことですので、是非早い段階でご相談頂ければと思います。

なお、相談だけであれば、通常は高くても2~3万円程度までの相談料で済みますので、ご相談されて製品がよりブラッシュアップされれば安いものではないでしょうか。

垣木 晴彦
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。