バネの低温焼なまし:目的

2010/07/23 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:熱処理

冷間成形ばね用鋼線を用いたバネの製造工程
冷間成形のバネの製造工程

コイリング後に行われる低温焼なましの目的には二つの目的があります。

1、冷間で引抜加工を施されたピアノ線や硬銅線、ステンレス鋼線などの加工硬化をおこしているので、この材料の機械的性質を改善すること。


2、冷間でばね加工をすると加工部分に有害な残留応力を生じ、ばねの寸法変化の増大、疲れ強さ及び耐へたり性を低下させるので、その有害な残留応力除去をすること。



 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。