錆の発生及び防錆について

2010/06/29 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:防錆処理
ばねに用いる材料は強度が高い為に腐食すると、強さに及ぼす影響は大きいです。特に疲れ強さは、非常に小さい腐食孔でも大きな影響を与えます。
金属表面は通常は不安定で変化しやすく、大気中の酸素、水、炭酸ガス、腐食性ガス、腐食性液体などと反応し腐食する。
液体の水が鉄に接すると
Fe+2H0→Fe(OH)2+H2・・・(1)
水酸化第1鉄を生成する。
 
また水及び、水中の溶解酸素と反応し、赤錆の主成分となる水酸化第2鉄となる。
Fe(OH)2+1/2H2O+l/4O→Fe(OH)3
 
式(1)で発生する水素は、空気中の酸素と化合して水を生成するが一部の水素は、
鉄表面に浸透して表面脆化を起こすため疲れ寿命に大きく影響し低下します。
 
錆発生を促進する条件として下記のような状態が挙げられます。
 
・錆の発生速度は、金属の表面積に比例するため、鉄の表面が粗いほど錆発生は早い。
・異物の付着は、空気中の水分を凝縮させやすく、錆発生を促進する。特に塩分や紙、繊維質など吸湿性の異物が付着した場合は、さらに錆発生が促進される。
・ 鉄に触れる空気の温度が変化した場合(温度が下がるとき)は、結露による錆が発生しやすく作業場や倉庫などにおける昼夜の温度差には、充分に注意する必要があります。
 
錆を防ぐには、金属表面が水と酸素に直接触れないようにすればいい。そのために、金属表面に保護膜を作り、水、酸素などを遮断し、同時に錆発生を助長するような塩分、指紋、雰囲気ガスなどの侵入を防止し、金属耐久性増進に務める必要がありバネの強度やコスト面でも鉄鋼材料を使用するときは防錆の考慮が必要です。 

 防食設計概要

防食設計概要図




 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:防錆処理について

産技研の竹田です。
この時期に成ると産技研でもサビに関する相談が急増します。
その原因の多くは、サビが発生するメカニズムを理解されていないのが原因のようです(って言っても私も素人です)。
研究所にはサビや金属表面に関して研究している分野がありますから困ったことがあれば何時でもご相談下さい。

金属加工屋さんは金属加工が本職ですが、サビのプロではありません。サビを抑制するにはその知識が必要です。

一つの事例ですが、金属加工をする場合、加工油が付着していれば錆びないだろうと思ってませんか?

同じ油でも大違い!加工油には、サビを促進するものもあるんですよ。
逆に、ちゃんと洗浄脱脂後に防錆処理をしていれば、かなりの効果が期待できるようです。

困ったことがあればまずは、ご連絡下さい。

投稿者: takeda on 2010/06/29 16:43
コメント:Re:Re:防錆処理について
 こんにちは、のざきです。

産技研・竹田様
ご意見ありがとうございます、
サビの問題は我々金属加工業者にとっては
永遠のテーマです。

この先このテーマで掘り下げて行こうと思っている
項目があります、またご意見を頂ければ
ありがたいです。

---
代表取締役 野崎武士

投稿者: nozaki on 2010/06/29 19:53