材質によるバネの分類

2010/05/28 14:00
投稿者: nozaki カテゴリ:バネの分類

 材質によるバネの分類

ばねに使用される材料は、金属が最も多く一部の特殊用途を除くと、
炭素鋼が用いられることが多いです。
 
最近では高応力仕様、耐熱性、耐へたり性、耐食性の向上、
及び軽量化等の品質的な要求から、合金鋼、ニッケル合金、
チタン合金等の需要が高まってきています。
 
非鉄金属ばねでは、車両の懸架ばねには、荷重の変化に応じて、
ばね定数が自由に調整できる空気ばねが採用されたり、
金属材料では使用できない高温域(1,000度)で使用が可能なセラミックばねや、
たわみ量と弾性エネルギーが大きく得られ、比重も鋼の1/4程度
であることからコンパクト化と
軽量化がはかれるGFRPばね(弊社の取扱は無し)などの用途も拡大している。
 

ばねに使用される材料は、金属が最も多く一部の特殊用途を除くと、
炭素鋼が用いられることが多いです。

最近では高応力仕様、耐熱性、耐へたり性、耐食性の向上、
及び軽量化等の品質的な要求から、合金鋼、ニッケル合金、チタン合金等の需要が高まってきています。

非鉄金属ばねでは、車両の懸架ばねには、荷重の変化に応じて、
ばね定数が自由に調整できる空気ばねが採用されたり、
金属材料では使用できない高温域(1,000度)で使用が可能なセラミックばねや、
たわみ量と弾性エネルギーが大きく得られ、比重も鋼の1/4程度であることからコンパクト化と軽量化がはかれるGFRPばね(弊社の取扱は無し)などの用途も拡大してきています。

タグ:バネの分類



 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。