上に戻る

冷間成形圧縮コイルバネの寸法・特性の許容範囲

2010/05/22 15:00
投稿者: nozaki カテゴリ:バネの設計
冷間成形圧縮コイルバネの寸法・特性の許容範囲
圧縮バネ

項目                  許容差又は範囲
自由高さ (a) ばね特性の指定がある場合は、参考置とする。(b) ばね特性の指定がない場合、次の表による
等級   1級 2級 3級
D/d 4以上 8以下 ±1.0%最小±0.2mm  ±2.0%最小±0.5mm  ±3.0%最小±0.5mm 
8を超え15以下 ±1.5%最小±0.5mm  ±3.0%最小±0.7mm  ±4.0%最小±0.8mm 
15を超え22以下 ±2.0%最小±0.6mm  ±4.0%最小±0.8mm  ±6.0%最小±1.0mm 
           
コイル直径   コイル直径は、内径又は外径のいずれか一方について規定し、その数値は次の表による。
等級   1級 2級 3級
D/d 4以上 8以下 ±1.0%最小±0.15mm  ±1.5%最小±0.2mm  ±2.5%最小±0.4mm 
8を超え15以下 ±1.5%最小±0.2mm  ±2.0%最小±0.3mm  ±3.0%最小±0.5mm 
15を超え22以下 ±2.0%最小±0.3mm  ±3.0%最小±0.5mm  ±4.0%最小±0.7mm 
総巻数 (a)ばね特性の指定がある場合は参考値とする。(b)ばね特性の指定がある場合は、±1/4巻とする。
コイル外側面の 無荷重の状態で各端面にそれぞれ直面な軸に対するコイル外側面の傾きを測る。許容限度は次の表とする。
傾き 等級 1級 2級 3級  
コイル外側面の傾き  0.02Hf    0.05Hf   0.08Hf  
   (1.15゚)    (2.9゚)    (4.6゚)  
   注  Hf:自由高さ   かっこ内は傾きの角度
ピッチの不同 等ピッチのばねは。全たわみの80%を圧縮した場合、両端部を除いてコイルが接してはならない
指定 ばね特性は、指定高さ時の荷重を指定する。ただし特にばね定数を必要とする場合は、これを指定することができる。
指定高さ時の 等級 1級 2級 3級  
荷重 有効巻数3以上10以下 ±5% ±10% ±15%  
   ”  10を超えるとき ±4% ±8% ±12%  
指定時の高さの荷重は、そのときのたわみが試験荷重時のたわみの20~80%の間にするようにする定める。
ばね定数 等級 1級 2級 3級  
有効巻数3以上10以下 ±5% ±10% ±15%  
   ”  10を超えるとき ±4% ±8% ±12%  
ばね定数は、試験荷重時のたわみの30~70%の間の二つの荷重点によって定める。


 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。



カテゴリ

なし
FAQ
HAS301H
NAS106N
NAS301H
SUS304WPB
くくり罠用バネ
たる型圧縮バネ
ねじりばね
ねじりバネ
ばねの歴史
ばね用材料
ばね用材料の物性に関する用語
オイルテンパー線
ガータースプリング
クランプバネ
コイリングマシン
サスペンション用バネ
サンプルバネ
ショックアブソーバー
シーリング
セミナー
ゼンマイバネ
ダブルトーションバネ
チタンバネ
テンション
テンパー炉
トーションバネ
トーションバー
トーションフォーミングマシン
ネジリバネ
バイク用部品
バネの分類
バネの計算式
バネの設計
バネ用材料の機械的性質に関する用語
バネ設計
ヒンジ用バネ
ファスナー
プローブ用バネ
マスコミ紹介
リピート
リング
リング・バット溶接加工
レバーブロック
仕事仲間
会社
使用機器
保護用コイルバネ
円錐コイルネジリバネ
円錐コイルバネ
動画
圧縮バネ
圧縮バネ(押しばね)
圧縮バネ(極低温環境)
圧縮バネ(耐食性)
害獣駆除装置用バネ
家具用バネ
密着バネ・ネジ
対応編
展示会
引張ばね
引張ばね(ネジ式フック)
引張ばね(ロングフック)
引張ばね(丸フック)
引張ばね(Uの字フック)
引張ばね(フック金具)
接点用バネ
本日の出荷
板バネ
板バネ・ネジリバネ
椅子用バネ
楕円バネ
機械部品
測定用
熱処理
熱間成形バネ
環境経営
産業機器
皿バネ
窒化珪素系耐熱バネ
細工バネ
絞込みフック(自在型)
耐熱ばね
耐熱バネ
耐熱型異形線バネ
耐食バネ
耐食バネ(チタン)
耐食性
自動機用バネ
荷重検査
表面処理
表面処理済み
補強バネ
親子ばね
角線スパイラル
試作ゼンマイバネ
車両用バネ
近況
釣り用
防振・耐震
防錆処理
電池バネ
電池板バネ
非磁性ねじりバネ
非磁性バネ
すべて

今週の注目キーワード