バネの疲労と形状について

2010/04/26 09:00
投稿者: nozaki カテゴリ:バネの設計
 部材の断面に変化がある場合は、
そこに応力集中があることは良く知られていますが、
実はこの応力集中が疲労破壊に影響しています。

一般の静的破壊試験では、応力集中がある場合でも
塑性変形を起こしたときにその変形は応力集中を
緩和するための変化となるため、
破壊応力そのものにはそれほど大きな影響を与えないが、
疲労破壊においては、変形なしに破壊するので
応力集中の緩和は少なく、この影響が大きいです。
 
特にばねのように硬い材質では特にこの傾向が大きく
応力集中の程度は応力集中と形状係数をご参照ください。
 
ばねの場合の応力集中は、板ばねの中心穴、
断面形状、コイルばねの内側の応力集中、表面粗さなどによって発生する。
 


 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。