応力の種類と考え方

2010/04/13 10:00
投稿者: nozaki カテゴリ:バネの設計
荷重が引張荷重のとき応力は引張応力
圧縮荷重のときは圧縮応力

せん断荷重のときはせん断応力(下図)と言います。

せん断荷重

図のように、応力の方向と垂直な断面を考えて、この断面積をA[mm2]とし、
Aに働く引張荷重(圧縮荷重)をP[N]とすれば、応力σは
 
σ=P/A[N/mm2]
 で表されます。
 
せん断荷重P[N]が物体に加えられたときも同じように、
応力の方向と平行な断面を考えてこの断面積をA[mm2]とし、
断面積Aに働くせん断荷重をP[N]せん断応力τは
 
τ=P/A[N/mm]
 で表されます。
 
タグ:せん断応力

 
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。