上に戻る
「先生」をコンサル!?
2010/03/18 17:00
投稿者: sasano カテゴリ:サービス紹介

世間一般的に「先生」と呼ばれる人達の話は、
一部を除いて、どうしてあんなにも「退屈」なのでしょうか。

私なりに、原因を考えてみました。



①そもそも「プレゼンテーション」という発想がない

授業やセミナーを自分の「晴れ舞台」だと思っている。

人がどういったことに興味を持つか等の視点が欠けており、
自分のしたい話だけして、聞いている人を退屈させていることに気付かない。

テンションが上がってくると、早口になる人も多く、とても聞き取りずらい。


②同じようなことをずっと研究しているので、話がマニアック過ぎる

言葉を変えれば「オタク」化してしまっている人が多い。
一般人には馴染みの薄い表現が随所に出てくる。


③生徒や聴衆者の「期待」がどこにあるのか分からない

学校の授業の典型パターン。

毎週、授業は受け持っているが、
学生のことは何も知らない先生は非常に多い。


ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。

そこで・・・
こういった「悩み」を持った先生方の力になろうかなと思います!

特に「若者」を相手にしている先生が対象です。

・何を話しても反応が悪い

・生徒の気持ちが分からない

・客観的に授業を見てアドバイスしてほしい・・・etc

ひとりで悩まずに、どしどしご相談ください!
ご連絡お待ちしております。
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。