上に戻る
ネットには有効な情報が出てこない!?
2010/03/13 16:00
投稿者: sasano カテゴリ:ビジネス

インターネットが出てきて、
「これがあれば何でもすぐに調べられる!」と、
思っている人は多いでしょう。

そういう人達の誤解を解く必要があると思います。

理由は以下の通りです。




私は色々な媒体で記事を「公開」する立場なのですが、
いつも悩むことがあります。

それは「書けないこと」が非常に多いということ。

インターネットは世界中からアクセス可能です。
よって、公開した以上は、どこで誰に見られているか分かりません。

すなわち、本当に重要な情報というのは書きづらい媒体なのです。

では、本当に重要な情報というのは「どこ」にあるのでしょうか。

私の結論としては、「人」が持っていると思います。

「人」が持っている以上、自ら聞きに行くしかありません。

デジタル全盛のこの時代に、
何とも「アナログ」な発想なのですが、
とても大事なことだと思います。

便利な世の中に慣れてしまい、
面倒くさがりな人が増えています。

どれだけ面倒なことを「進んで」やれるか。

これからのビジネスには必須の条件ではないでしょうか。
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:ネットには有効な情報が出てこない!?
木下です。

確かに、同業他社が多い場合に
「他社に情報を見られるから」と情報の公開を躊躇される経営者の方も多いです。

しかし、利用者の立場からしてみれば
同じような会社が有った場合に
「インターネットに色々とその製品、サービスの情報が掲載されている会社」

「会社のサイトはあるのに情報は全て「お問い合わせ下さい。」等となっていて必要な情報が得られない」
どちらを選ばれるでしょう。

サイトに掲載されている程度の情報で盗まれ再現出来る技術であれば
他の会社がその技術が有用だと思った場合、公開されえていなくても
創意工夫・努力があれば結局同等以上の技術を開発出来るでしょう。

その後で、「実は弊社も以前から同じ技術を開発していまして・・・」と
宣伝したところで「後出しジャンケン」のようなイメージでしか捉えられず
あまり得策とは思えません。

情報が瞬時に広がり自分で情報を収集される時代だからこそ
競合対策を考えるよりも、
「顧客に対しての情報提供」という目線で
情報を積極的に公開する会社こそが信頼され頼りにされる企業として
生き残っていくと思われます。



---
TKTools 木下敏夫
http://www.tktools.jp/

大阪府産業デザインセンターデザイン専門員
地域力連携拠点事業専門家(京都府商工会連合会)
大阪府立南大阪高等職業技術専門校 Webシステム開発科講師

投稿者: kino on 2010/03/15 12:53
コメント:Re:Re:ネットには有効な情報が出てこない!?
TKTools 木下敏夫様

コメントありがとうございます。

私の書いた事と木下様の受け取られた事に、
少し「ズレ」があるように感じました。

私は情報公開云々ではなく、
ネットに頼り過ぎることへの危険性を書いたつもりでした。

稚拙な文章の為、
誤解を招いてしまったことをお詫び致します。
投稿者: sasano on 2010/03/15 13:12
コメント:Re:Re:Re:ネットには有効な情報が出てこない!?
木下です。

インターネットに公開された意見には多くの人が色々な見方をして
場合によっては自分が提起したことと違う観点で捉えられることは
多いと思いますが、「誤解を与えた」と謝罪を頂く内容でも無いと思います。

「ネットに頼りすぎることの危険性」と言う意味では確かに書かれている通りで
ネットには表わしきれない情報もあり
BMBでも実際に人と人とが繋がる機会を提供するように定期的にオフ会を開催しています。
次回のオフ会は4月後半に開催される予定ですので多くの方が参加され
リアルな人脈拡大の場として利用して頂ければ嬉しいですね。


---
TKTools 木下敏夫
http://www.tktools.jp/

大阪府産業デザインセンターデザイン専門員
地域力連携拠点事業専門家(京都府商工会連合会)
大阪府立南大阪高等職業技術専門校 Webシステム開発科講師

投稿者: kino on 2010/03/15 17:34