上に戻る

植物工場セミナーの講義内容について

2010/02/12 00:00
投稿者: megaseminar 
お世話になっております。メガセミナー・サービスです。

今回は、植物工場セミナー第二日目
「植物工場の事業採算性と具体的戦略」について

実際に新規参入する場合、予算計画で必要なことは・・・

①イニシャルコスト
②ランニングコスト

の2点です。

そこで、植物工場の方式別におけるコスト比較を、
対象植物、立地、販路からみた植物工場 成立の条件という視点から
講義致します。

また、比較的小規模なモデルケースとして、
次世代(中・小規模)植物工場 事業モデルを詳説致します。

対象;
エンジニアリングメーカー、ゼネコン、ハウスメーカー、食品メーカー、農業資材メーカー、
商社における採算計画のための情報をお探しの新規担当者の方。 



 
1.植物工場の事業採算性と具体的戦略
1.植物工場の事業採算性と具体的戦略
9:30-11:00
 
 
(1)植物工場の特徴とニーズ
  1)植物工場の利点とその特徴
2)新規事としての植物工場ビジネスの特徴
(2)植物工場における事業採算性
  1)植物工場のコスト構成
2)各種光源に対する生産コストについて
~ 蛍光灯、LEDHEFL ~
3)各種 植物工場 方式におけるコスト比較
~ イニシャルコストランニングコスト ~
4)事業収益 向上のポイント
(3)植物工場ビジネス参入の具体的戦略
  1)植物工場ビジネス新規参入のポイント
~ エンジニアリングメーカーゼネコンハウスメーカー食品メーカー
 農業資材メーカー商社、他~ 
2)対象植物立地販路からみた植物工場 成立の条件 
3)収益性の高い植物工場におけるビジネスモデルとは
~次世代(中・小規模)植物工場 事業モデル~
(4)質疑応答
 
 
東 誠悟氏   (株)リサイクルワン環境コンサルティング事業部副事業部長
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。