上に戻る

植物工場の新規事業可能性を探る!

2010/02/09 23:00
投稿者: megaseminar カテゴリ:広報部
 メガセミナー|植物工場で新規事業を考える方へ


 今、植物工場という形態の新しいビジネスが誕生しました。
ひと言で伝えると、既存の工場を改造し、レタストマトを年間20回の作付けで
効率よく育成し、無農薬野菜を運送費のかからない近場に卸す。
こんな仕組みです。

日本でも成功事例が出てきました↓
http://www.meti.go.jp/press/20090424004/20090424004-4.pdf

ビジネスチャンスとしては・・・

・まず運送費がかからない。
・年間で何度も作付けが出来、スケジュール管理できる。
・ビルの中なので虫がいないので無農薬で安全。
・一般農業の100分の一の耕地なので結果的に環境に良い。
・従って、国から植物工場補助金が出る。

などです。
北海道だと、冬場でも野菜が取れる。
海外だと、ロシアの寒冷地シベリアでも、中東の砂漠地帯でも
日本の製造技術が活かせる、という具合です。

植物工場自体は、LED照明をはじめ、空調、環境制御のさまざまな
技術の結合体なので、日本の複合的な技術力が活かせ、
中国や台湾、韓国からも注目されています。

そこで大切なことは、新規事業 参入として、販路採算計画から
それを実現するためのコスト削減計画と順に検討していく
必要があります。

新しい先端技術なのでどこにも情報がないために、今回は、
特別講演会を開催いたします。

 http://megaseminar.jp/2010/ms13c/20100324.html
 
 http://www.megaseminar.jp/2010/ms13c/20100325.html


講義の内容は、実際に起こった状況や事例を比較して、どこが違うのか?
どのように対応すべきなのか?そしてなぜ成功、或いは失敗したのか?
それぞれの状況から類似点や相違点を見つけ、現場と対比させながら、
見落としているファクターを収集できる内容です。

取り急ぎ、情報まで。

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。