バーチャルウォーター

2010/01/29 21:00
投稿者: nozaki カテゴリ:環境経営
 私達は子供の頃から日本は水資源が豊かである
と信じてきましたが、実は最近それも否定される
ような状況です。


輸入されている食料品や工業製品を仮に自国内で作る時に
必要な水量のことをバーチャルウォーターと呼びます。
例えば、白米:3,600ℓ/kg、牛肉:20,000ℓ/kg、牛丼一杯:2,000ℓ
となります。

現在日本の輸入農産物を国内だけで生産すると仮定すると
必要水量は年間627億トンとの試算がありますが、国内で農業用として
使える灌漑用水等の572億トンを上回っています。


世界の65億人のうち24億人の人が適切な衛生施設にアクセスできず、
11億人の人々が安全な飲み水を利用できない状態です。
世界の飢餓・貧困問題に関わってくる水資源を有効利用し、
水不足より深刻な事態に陥ってくる地球温暖化危機
に対処できるよう節水や再利用をして行くべきだと思います。

タグ:環境経営 バーチャルウォーター

バーチャルウォーターについては
詳しくは環境省のHPへ
http://www.env.go.j...






 
[コメントを投稿する]
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。