初心忘るべからず

2009/09/03 13:00
ホームページ制作 まころ企画
←僕が初めて作らせていただいたホームページです。
大田ビニール工業所様 >>


当時、僕は町の小さな印刷会社に勤めていて、ひょんなきっかけでお知り合いになった社長さんに、


「牧田くん、ホームページって作れんのか?」


「あ、はい。完全に独学ですけど」


「小遣いやるからうちのん作ってくれへんか?」


「休みのときにちょちょっとやるので良かったらやらせてもらいますよ~」


なんて軽いノリで作ったホームページ
こちらの社長さんのおかげで、今の僕があり、今のまころ企画があります。

キーワードと見せ方を変えて、併設しています☆
大田ビニール工業所様 【新】 >>

おかげさま、おたがいさま、おもいやり
いつまでも初心を忘れず、地域社会に貢献できる会社づくりに励みます!

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:初心忘るべからず

はじめまして、竹田@産業技術総合研究所です。
「初心を忘れず」に目を留め投稿します。
私も、随分前に上司から言われました。
この言葉は世阿弥の風姿花伝に出てくる言葉で、
今とは少し違った意味で使われていたようです。
初心には、若い日の、時々の、老いた日の三種類あり
(言い換えれば、初心者、中堅、熟練工とでも言えるのでしょうか)、
その時々で、立ちはだかった試練や困難、苦労して乗り越えたことを
経験として忘れてはならないよとのことの様です。
勿論、現在の使用方法も間違いでは有りませんが、
試練はいつ何時やってくるかは分かりません。
入門時だけではなく、いくつになってもその時々で新鮮な
謙虚な気持ちで取り組め、との事でしょうか(やや、誤訳かも、、)
現在より、もう少し広い意味で使われていた様ですね。

チョッと懐かしく思いましたので投稿させて頂きました。
 

投稿者: takeda on 2009/09/03 15:56
コメント:コメントありがとうございます。

聞き慣れたこの言葉にはそういう意味もあったんですね、驚きました。

経験を積むほど、年を重ねるごとに、立ちはだかる壁の形や大きさ、色彩が変化してくることを実感します。
真摯な気持ちで向き合い、乗り越え、その時々の苦悩や努力や達成感を忘れないようにしたいです。

ありがとうございました。

投稿者: まころ企画 牧田 on 2009/09/04 17:06