震災の日を迎えて・・・

2009/01/17 09:00
投稿者: kammera 


阪神淡路大震災から今日でまる14年を迎えました。

一番被害のひどかった神戸でも、人口の3分の1が震災を知らない人になってるというニュースを見たり、震災の時に生まれた子がもう中学生などというニュースを見ると、時の流れを感じます。

震災でのボランティア活動がきっかけで、何が困るって「トイレが使いえないのが本当に困った。」
というのがきっかけで、何かこの問題を解決するものが無いかと開発したのが「マイレット」です。

最近では企業や自治会、マンションの管理組合などでも、「トイレが使えないのは大きな問題である」という認識が浸透し、会社や事務所、町会やマンション単位などで災害用トイレ処理セット「マイレット」を備えていただいている所が多くなってきました。

実際に困った経験がないと、「そこまで必要ある?」って思ってしまいがちですが、今日の震災の日の
一日だけでもいいので、震災の教訓を風化させないためにも、災害対策というものを考えてみましょう。

 マイレット事業部 久保

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。