上に戻る
254色を再現できるフルカラー3Dプリンターでつくったモデルが届きました
2008/09/16 16:46
投稿者: icidesign 
8月28日に開催されたCreative Design Worldに弊社よりSolidWorksでつくった3次元CADデータを提供してつくったRPモデルが皆様へのお披露目を終えて、弊社に届きました。フルカラープリンターでのモデリングは初めてでしたが、できばえに感激です。





写真のモデルは、株式会社DICOさんの、ZPrinter 450 Systemでつくりました。
ZPrinter 450 Systemは、インクと接着剤を粉に吹き付けて、立体模型が完成、254色を再現できるフルカラー3Dプリンターです。

いままでのRPモデルはモデルができた後、磨いて面をきれいにしてから塗装していましたが、これならモデリングと塗装が同時にでき、時間短縮にもなります。色の再現性もよいので、塗装せずそのままデザインモデルとして使えるレベルです。
より実物に近いイメージのデザインモデルが手軽につくれる、そんな時代になった感じです。
黒田

タグ:ラピッドプロトタイプ モデル
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:Re:254色を再現できるフルカラー3Dプリンターでつくったモデルが届きました
 木下です。

http://bmb.oidc.jp/article.php/20080811114732284
で紹介していた機械ですね。

本当に綺麗に仕上がるんですね。
投稿者: kino on 2008/09/17 23:30
コメント:Re:Re:254色を再現できるフルカラー3Dプリンターでつくったモデルが届きました

木下様
コメントありがとうございます。思ったより綺麗にあがってきたので、驚きました。
機械が動いているところも見せてもらったんですが、おもわず見とれてしまう面白さです。

http://bmb.oidc.jp/article.php/20080811114732284 で紹介していた機械と同じ造形方法なんですが、写真で紹介されているモデルは、バネ性を利用されていたのでおそらくナイロン材ではないでしょうか。
フルカラー3Dプリンターで使える材質は、石膏やでんぷん、セラミックなので柔軟性がありません。
ナイロン材が使えるようになるとそのまま製品に、なんてことも可能になりますが、まだ無理だそうです。

投稿者: icidesign on 2008/09/18 09:03
コメント:Re:Re:Re:254色を再現できるフルカラー3Dプリンターでつくったモデルが届きました
 木下です。

丁度その記事に付けたコメントで書いていた
http://www.zcorp.com/jp/jp-products.htm
が今回使われた機械だと思われます。

数年前から存在は知っていて面白そうだなと思っていたのですが
価格も下がってきて本格的に色々なところで利用されそうですね。

試用版や造詣の確認という使い方からは生分解プラスチック等が
利用できるといいのですが・・・
デンプンならいいのか(^^

投稿者: kino on 2008/09/18 12:32
コメント:Re:254色を再現できるフルカラー3Dプリンターでつくったモデルが届きました
木下様 黒田です。

コメントありがとうございます。
リンク先のコメントにて紹介されていましたフルカラープリンターです。失礼しました。

ちなみに上がでんぷんタイプのモデルで、下が石膏タイプのモデルです。
モデルの環境負荷、考えてもみませんでした。
投稿者: icidesign on 2008/09/18 16:30



メディアギャラリー

It appears you do not have the Flash Plugin installed, or the version you have is out of date and cannot play the requested content.

Get Adobe Flash player


今週の注目キーワード