「インテリア医学」って?

2008/03/25 01:11
投稿者: tobe カテゴリ:インテリアデザイン

大阪を拠点に活躍中の医療施設専門のインテリアコーディネーター 乾 真理子さんが、初の著書 「インテリア医学」 を発売されました。



乾 真理子さんのホームページ制作に携わり、はじめて“インテリア”と“医学” との相関性について興味を持ちました。

インテリアというと建物や住宅の室内装飾というふうに簡単に受け止められがちですが、もっと人間のQOL(Quality of Life、生命・生活の質) に直接的に影響することが注目されているそうです。

QOLの向上にもっとも配慮すべき医療現場のインテリアは、 機能的で安全であると同時に、人の心に寄り添って創造された快適で清潔な癒しの空間であるべきだと提言されています。

確かに、患者さんの周りの環境によって、自己治癒力が高まるということには素直にうなずけます。もちろん、インテリアだけでなく、家族の愛情や生き甲斐など…… 目に見えないものも含めてですが。

大掛かりな工事や、膨大な費用を掛けたりしなくても、患者さんの心をつかむ、 思いやりのある医療サービスを実現することが可能であるとのことを具体的に述べられています。

医療に携わる方々や、インテリアデザインに携わる方々に、是非ご紹介したい一冊です。

http://www.lapis21.com/ic/lecture.htm

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。