上に戻る

発泡体チェア

2007/09/08 15:36
投稿者: iwata 

1960年代に世界的に流行したミッドセンチュリースタイル。
2000年前後で更に日本でも見直され、再ブームにもなりました。

その中でもメディアでよく露出している代表格のイスで、フリッツ・ハンセンから販売されているアルネ・ヤコブセンがデザインした「エッグチェア」。
シェルの素材が硬質発泡ウレタンといわれている素材です。

ヨーロッパでは家具の産地が多く、その中でも樹脂成型や発泡成型の技術が日進月歩で進んでいます。それは世界へ向けて販売されています。
しかしながら、最近のユーロ高の影響と原油高の影響で、日本への輸出価格が上昇し、日本の家具販売メーカーが通常の価格での販売がしにくく、悲鳴をあげています。
(このブログを読まれている他業界の方々も同じ思いの方がいらっしゃるんじゃないでしょうか。)

続きは... こちら


デザインのご相談は... アドリアカンパニーまで



タグ:発泡成形ウレタン コールドキュア モールドチェア 

[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。




メディアギャラリー

It appears you do not have the Flash Plugin installed, or the version you have is out of date and cannot play the requested content.

Get Adobe Flash player


今週の注目キーワード