仮想コンピュータ

2007/07/06 13:34
投稿者: kino 
木下です。

産技研の記事で仮想コンピュータに付いてかかれていたのですが

1台のコンピュータ上で複数のコンピュータを擬装して動作させることにより
本当は違うハードウエアなんだけど、同じ環境として動かせるというメリットもあります。

例えば、過去のOSは最近の高速なHDDやグラフィックカードに対応していないけれど
仮想コンピュータでは過去の環境を模擬していることが多いので
最新のPCの上でWindows95とかMS-DOS等を動かして過去の遺物のソフトを
動かしたり、NT4.0を動かしてPDCをその環境上で動かしてActiveDirectoryへの
移行の為に使用したり。

デザイナーに関係するところでは色んなブラウザ環境を作って作成したサイトの
動作チェック等に利用することができます。

それ以外にも特徴的なのはそうやって作成した仮想コンピュータというのは1つのファイルとしてコピーして保管して置けるのでプログラムの動作チェックを行う時にも導入前の状態をコピーしておいてチェックが終わったらそのファイルは削除とか。

顧客毎に納品したプログラムが動く環境を作って残しておいたり。
使い方になれるといろいろと便利な使い方がありますね。

問題は仮想PCのファイルは1GBぐらいになるので便利に使ってると
どんどんHDDの容量が減っていくことかな。
[コメントを投稿する]
関連記事
 
コメント [元記事を見る]

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。

コメント:仮想コンピュータ
ところで、

本当はこの記事は産技研のサイトでコメント投稿しようとおもっていたのですが、コメントする為にはログインしないといけないのに
新規登録しようと「ユーザー名」と「メールアドレス」を入力して
「新規登録」を押すと


エラー

両方の入力欄に同じメールアドレスを入力してください。


となるし、
そのことを「お問合せ」で送ろうとすると


ログインしてください

申し訳ありませんが,先にログインしてください。


となるので連絡の方法がありませんでした。(--
投稿者: kino on 2007/07/06 14:02
コメント:仮想コンピュータ
すみません。
Techテクネットはほぼステルス状態でしたので、Geeklog1.4.1に上げてから何の手入れもしていませんでした。

BMBのおかげで表に出るようになって(Googleランクもついて)きましたので、手直ししておきます。

いますこしご容赦ください。
投稿者: nakanishi on 2007/07/06 14:11