クロコ柄の細かなエンボスが特徴の小間紙で作る別注のかぶせ型貼箱


以前に依頼のあった小間紙(※)を使った、
かぶせ型貼箱の作製事例になります。

お客さまが企画したブランドの服飾商品を収納する貼箱を
オリジナルで作製したいとのお問合せがありました。

何度かのやりとりと打ち合わせの後、
貼箱のサイズ、表面に貼る貼り紙、箔押し加工などの仕様を決定、
まずは指定の仕様で試作することに。

貼箱の蓋と身の貼り紙には
表面の細かなクロコ柄のエンボスが特徴の小間紙(※)を、
箱の内側にもえんじの特種紙を貼り込み、
天面にはブランドのロゴを金色の箔押しでエンボス加工し
シックな高級感のあるパッケージになりました。

断裁以外、くるみ貼りなどほぼ全てを手加工で作製し、
服飾商品を収納するお客さま仕様の別注の貼箱が完成です。

御社仕様の別注で作製する商品の貼箱で
ブランド力の向上に是非、お役立てください。

では、また今度。和紙商小野商店 河手

※小間紙は和紙とはまた異なった素材感や模様の加工紙。
和や洋のテイストの色彩や柄が入った多種多様で
当社でも長年、主に貼箱やトムソン箱などの紙製品作製に使用する
紙素材として使用していただいています。


▼「小間紙を使ったかぶせ型の貼箱」の詳細は以下の通りです。

【使用の小間紙について】
蓋と身の貼り紙:クロコ柄の細かなエンボス入り
蓋と身の内側の貼り紙:タント、H-70、70KG厚

【貼箱のサイズについて】
身の内寸:90×94ミリ、高さ80ミリ
蓋のかぶせ:30ミリ

【加工について】
断裁、手でくるみ貼り、箱の内貼りあり、天面に箔押し(マットの金色)

【作製箱数について】
上記のサイズで300箱

【納期について】
使用する小間紙、サイズ、作製箱数、加工内容など
仕様が決定してから試作~完成まで25日程度を想定。

【作製代金について】
貼箱の仕様により代金は変動します。
お問い合わせページからご気軽にお問い合わせください。
(※現在、お考えの内容を出来るだけ詳しくお知らせください。)

【その他】
・小間紙はこちらのクロコ柄以外にも
和洋の多種多様な柄や色彩や素材感のラインナップがございます。
ご希望の紙素材を出来るだけ詳しくお聞かせください。

・貼箱のサイズは極端に小さ過ぎたり、大き過ぎたりするのは作製不可。
小箱は身の内寸で45×45×40ミリを作製したことがございます。

・箱の形状は、上記のような「かぶせ型」以外にも
かぶせ型で底板付き、辞書のような形状の「ブック型」、観音開き、
外側に段差が無い「印籠型」などが作製可能です。

・箱にオリジナルのロゴ、マーク、文字などを箔押し加工で入れることができます。

・確認のためのデータ(.pdfや.jpgなど)がございましたら、
papers ※ tiara.ocn.ne.jp に直接送信ください。
(※を@に変えてください。)

・その他、別注の和紙や紙製品作りの支援もOEMも承っています。
ご気軽にお問合せください。

和紙商小野商店 河手


※「別注の貼箱作製」に関連するブログの記事:

[⇒]新商品を収納するための別注で作製した手加工のかぶせ型貼箱
[⇒]千代紙の柄と和紙の色を組み合わせて、手貼り加工で作る商品用貼箱の小箱
[⇒]イタリアの結婚式を彩る、引き出物を収納する手加工で作製の小間紙と和紙の貼箱小箱


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンより登録が可能です。

▼和紙や小間紙、特注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ「finepaper.jp」の運営を始めました。




新商品を収納するための別注で作製した手加工のかぶせ型貼箱


こちらはお客さまから作製依頼があった、
和紙を使ったかぶせ型貼箱の事例になります。

先日、新商品を収納するための別注の貼箱を
和紙を使って作製したいとのお問合せがありました。

箱のサイズや貼り紙など仕様が決定するまで約4か月程度。

何度かのやり取りがあり、
中身を固定する台座のゲスのサイズを基に決定した仕様で
実際の和紙を貼り紙にして2回ほど試作しました。

蓋の貼り紙には白色の雲龍紙に細かい色紙が散らばって入ったもの、
身には紺色の鳥の子紙にしてツートンの貼箱に。

紙の断裁以外、くるみなどを全て手加工で作製し、
和ろうそくを収納するお客さま仕様のオリジナルの貼箱が完成です。

先日、無事に納品させていただき、
貼箱の出来に大変喜んでおられました。
完成まで少し時間がかかりましたが、遣り甲斐のある案件でした。

御社仕様の別注で作製する新商品の貼箱を、
ブランド力の向上に是非、お役立てください。

では、また今度。和紙商小野商店 河手


▼「和紙を使ったかぶせ型の貼箱作製」の詳細は以下の通りです。

【使用した和紙について】
蓋の貼り紙:七夕雲龍紙、白色
身の貼り紙:鳥の子紙、紺色、60KG厚
※福井県越前産、機械漉き

【貼箱のサイズについて】
身の内寸:97×220ミリ、高さ:20ミリ
かぶせ:17ミリ

【加工について】
断裁、くるみは手貼り、内貼りは無し

【作製箱数について】
上記のサイズで600箱

【納期について】
使用する和紙、サイズ、作製箱数、加工内容など
仕様が決定してから試作~完成まで~25日程度を想定。

【作製代金について】
貼箱の仕様により価格は変動します。
お問い合わせページからご気軽にお問い合わせください。
(※その際には現在お考えの内容を出来るだけ詳しくお知らせください。)

【その他】
・ご希望の各種和紙を貼り紙にすることができます。
(但し、紙厚があまりに薄いもの、厚いものは不向きです。
60~80KG厚程度が適しています。)

・貼箱のサイズは極端に小さ過ぎたり、大き過ぎたりするのは作製不可。
(小箱ですと、身の内寸で45×45×40ミリが作製したことがございます。)

・貼箱の形状は、上記のような「かぶせ型」以外にも
かぶせ型で底板付き、辞書のような形状の「ブック型」、観音開き、
外側に段差が無い、直線になった「印籠型」などが作製できます。

・貼り紙は規格品の和紙から選ぶことはもとより、
印刷や加工したものを貼り込んだりすることも可能です。
(シルク印刷やオフセット印刷、揉み紙加工したものなど)

・貼箱に箔押し加工でロゴ、マーク、文字などを入れることができます。

・確認のためのデータ(.pdfや.jpgなど)がございましたら、
papers ※ tiara.ocn.ne.jp に直接送信ください。
(※を@に変えてください。)

・その他、別注の和紙やオリジナルの紙製品作りの支援も承っています。
ご気軽にお問合せください。

和紙商小野商店 河手


※「和紙や千代紙を使った貼箱作製」に関連するブログの記事:

[⇒]千代紙の柄と和紙の色を組み合わせて、手貼り加工で作る商品用貼箱の小箱
[⇒]イタリアの結婚式を彩る、引き出物を収納する手加工で作製の小間紙と和紙の貼箱小箱
[⇒]和紙と千代紙を貼り紙にした手仕事のアクセサリー用貼箱の小箱


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンより登録が可能です。

▼和紙や小間紙、特注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ「finepaper.jp」の運営を始めました。




和紙の加工で焼酎瓶に貼る短冊ラベルを四方耳付きに変身させる方法


こちらは以前に和紙で作製させていただいた、
焼酎の瓶に貼る少し細めの短冊ラベルの事例になります。

アメリカ在住の日本の方からご依頼があり、
四方耳付きの短冊ラベルを作製したいとのお問合せ。

こちらの方は現地で焼酎を蒸留されていて、
自身がお考えのオリジナルラベルを別注で作製し
瓶に貼りたいとのことでした。

通常、四方耳付きラベルは四方に透かしを入れて
手漉きで作製するところを、規格品の楮紙に罫線入れ加工した後に
手ちぎりして四方耳付きのラベルに。

手間と時間はかなりかかりますが、
低ロットで四方耳付きのラベルを作製したい場合に
有効な作製方法です。

先日、帰国された際にご本人にお会いする機会があり、
短冊ラベルが貼られた現物の焼酎を1本いただきました。
どうもありがとうございました。

和紙に加工して別注で作製する四方耳付きの商品ラベル、
御社商品のブランディングにお役立ていただければ幸いです。


▼「焼酎瓶用の四方耳付きの短冊ラベル作製」の詳細は以下の通りです。

【使用した和紙について】
機械漉きの楮紙(生成り、菊判で37KG厚)

【短冊ラベルのサイズについて】
約18×280ミリ

【印刷や加工について】
シルク(片面、こげ茶色1色)、ラベルの四方に罫線入れ、
先方にて四方を手ちぎり

【作製部数について】
上記のサイズで600部

【納期について】
使用の和紙、サイズ、印刷や加工内容などの仕様が決定し、
完全データで入稿してから完成まで~25日程度を想定。

【作製代金について】
作製仕様により価格は変動します。
お問い合わせページからご気軽にお問い合わせください。
(※お考えの内容を出来るだけ詳しく教えてください。)

【その他】
・ご希望のラベル用紙を出来るだけ詳しくお聞かせください。

・ラベルに使用する紙素材は手ちぎりする際、
繊維が出やすい楮紙系をお勧めしています。

・ラベルの手ちぎりは御社で対応することも、
当方で最終の完成まで対応することもどちらでも可能です。

・確認のためのデータ(.pdfや.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙や紙製品作りも承っています。
ご気軽にお問合せください。

和紙商小野商店 河手

※「商品用の和紙ラベル」に関連するブログの記事:

[⇒]和紙のクレープ紙シールの質感で和のテイストを表現するドレッシング瓶用のラベル
[⇒]麻の繊維を混合したラフな素材感の焼酎瓶用手漉き和紙ラベル
[⇒]甕に入った焼酎用に手漉きで作製した耳付きの和紙ラベル


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンより登録が可能です。

▼和紙や小間紙、特注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ「finepaper.jp」の運営を始めました。




各種和紙を使ってほぼ全工程を手加工で作製する和綴じのノート


こちらは以前にお客さまから依頼のあった
別注でお作りした和綴じノートの作製事例になります。

表紙、見返し、角ぎれの部分に
お好みの各種和紙と綴じ紐をお客さまが選び、
ほぼ全工程を手加工で丁寧に作製した別注の四ツ目綴じノート。

基本的に綴じる和紙を自由に選ぶ事ができ、
お好きな和紙で和綴じをカスタマイズして作製できるのが特徴です。

今回お作りしたのは、通常の四ツ目の綴じ方でですが、
綴じる大きさや本文用紙の枚数によって、
その他にも麻の葉綴じ、高貴綴じのように
別の綴じ方で飾ることもあります。

神社や寺院のご朱印帳、自由に書くノート、
展示会や展覧会の際の芳名録として…

その他にも様々な用途でお使いいただけるかと思います。

ただ、最近は製本職人さんが高齢により辞められたりして
こういった伝統的な和綴じもできにくくなっているのも事実。
この頃、モノづくりが難しい時代になってきているのを実感します…。


▼「各種和紙を使用した和綴じ作製」の詳細は以下の通りです。

【使用の和紙について】
表紙:機械漉きの各種和紙が8種類
見返し:機械漉きの民芸紙
角布:見返しと同じ民芸紙、福井県越前産、日本製
(本文用紙はお客様からの支給)

【和綴じの仕様について】
縦が145ミリ、横が175ミリ、中身の本文用紙を100枚綴じ

【和紙への印刷や加工について】
断裁、貼り、手加工で四ツ目綴じ

【作製部数について】
上記の仕様で8種類で合計62冊分

【納期について】
使用する和紙、大きさ、綴じ方など仕様が決定してから、
完成まで15~20日程度を想定。

【作製代金について】
使用する和紙、大きさ、綴じ方により価格は変動します。
お問い合わせページからご気軽にお問い合わせください。
(※お考えの内容を出来るだけ詳しくお知らせください。)

【その他】
・表紙、見返し、角布に使用する和紙は選択可能です。
(ご希望の和紙を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

・事前に綴じる本文用紙の枚数をお聞かせください。
・基本の綴じ方は四ツ目綴じになります。
・大きさや本文の枚数により、麻の葉綴じ、高貴綴じが可能です。

・確認のためのデータ(.pdfや.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙や和紙製品作りやOEM対応も承っています。
ご気軽にお問合せください。

和紙商小野商店 河手


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、特注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




大判インクジェットプリンター対応の大判和紙で作る社史簡易版の作製


先日、大判和紙を使用した社史の作製事例になります。

以前にお作りした社史はグループ会社を一まとめにした完全版なのに対し、
今回、お作りしたのはそのグループ会社中の2社だけを切り出して
別途簡易版として再編集し、作製しました。

まずは以前の原稿データを修正・追加をして再作成。
校正のやり取りに約3か月ほど時間をがかかりましたが、
最終校正で特に問題無く、データを入稿。

大判和紙の紙幅に合わせて、再編集した2社分の社史を割り付け、
和紙のザラザラとした素材感の裏面に
大判のインクジェットプリンターで出力した後、
指定の大きさに切り出して完成させました。

2社分の社史は紙管に保管し、簡易版としてご利用されるとのこと。
ここまで会社の歴史をきちんとまとめられるのは稀なケース。

遣り甲斐のある和紙の案件でした。
今回、社史の編集と出力の関係者各位に感謝です。

和紙商小野商店 河手


▼「大判和紙を使用した社史の再編集と出力」の詳細は以下の通りです。

【使用の和紙について】
プリンター対応の大判和紙、とりのこ色、薄口(120μm)、
二方耳付き、機械漉き、三重県産、日本製

【和紙の大きさについて】
紙幅870ミリで出力、縦297ミリで3M分を2本

【和紙への印刷や加工について】
大判インクジェットプリンターで巻きのまま出力後、切り出し
(hp Desingjet5500で出力、最大印字幅は1524mm)

【作製部数について】
2社を1部ずつ

【納期について】
デザインや出力方法などの仕様の決定後、
出力原稿の文字校正のやり取り、
入稿・出力から納品まで~3か月程度を想定。

【作製代金について】
使用する和紙、大きさ、仕様やデザインにより価格は変動します。
下記のお問い合わせページよりお考えの内容を出来るだけ詳しく入力していただき、
ご気軽にお問い合わせください。

【その他】
・大判和紙の薄口の紙色はパステル調の8色から選択が可能です。
・紙厚は、薄口(120μm)、厚口(225μm)、特厚口(300μm)の3種類から選択可能。
・大きさは巻きの形状(紙幅870ミリ×~M)の他、各種規格サイズもございます。
・大判和紙は大判インクジェットプリンターでの出力に対応しています。

・事前に必ず出力するデータを確認させてください。
・確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙作りの支援や和紙製品のOEM対応も承っています。
ご気軽にお問合せください。


※「大判の和紙を使った社史作製」に関連するブログの記事:

[⇒]巻き取りの大判和紙で企業の歴史を社史という形で後世に伝える方法

▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




紙表面に現れた結晶の地模様が特徴の和紙で作製した認定書用紙とは


先日、東京の企業からのご依頼でお作りした
認定書用紙の作製事例になります。

用紙には引っ掛けという伝統的な表現技法で漉いた、
紙全体に結晶の柄が入った機械漉きの和紙にシルク印刷で
オリジナルの青金の飾り枠と黒色の文面を表現。

紙の表面に入っている繊維の結晶柄が光に反応して、
地模様がキラキラと光って見えるのが特徴の和紙を使用しました。

昨年も同様の認定書用紙をお作りしましたが、
金色の飾り枠のデザインはそのままで活用し、
文面部分だけシルク印刷の型を再作製、カスタムメイドでお仕立てしました。

その他、各種学校の卒業証書用紙、免状用紙、賞状用紙などにも
ご活用いただける和紙製品ではないかと思います。

企業におけるブランディングツールとして是非、お役立てください。

和紙商小野商店 河手


▼「引っ掛けの和紙を使った認定書用紙」作製の詳細は以下の通り。

【使用した和紙について】
両面に引っ掛けで結晶柄が入った和紙(白色、菊判、220g/m^2)、
原料はパルプ、福井県越前産、日本製

【大きさについて】
A4サイズ仕立て

【和紙への印刷や加工について】
シルク印刷(片面2色)、断裁

【作製枚数について】
A4サイズで100枚(予備数を込み)

【完成までの納期について】
認定書用紙の大きさ、印刷のデザイン、印刷方法、作製部数など仕様が決定し、
受注、原稿データを入稿後、完成まで~20日程度を想定しています。

【作製代金について】
使用の和紙や印刷・加工方法の仕様により作製代金は変動します。
下記のお問い合わせページよりご気軽にお問い合わせください。
(お考えの内容を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

【その他】
・用紙は規格品の和紙から選ぶ事もできますし、別注にて紙を漉いて作製する事も可能です。
・シルク印刷の鳳凰飾り枠や文面の原稿データは、
イラストレータ(ver.8.0)で作成の完全データを別途ご用意ください。
・その他の印刷方法や加工方法のご相談も承っております。
・ご希望やお考えを出来るだけ詳しくお知らせいただければ幸いです。

・事前確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信をお願いします。

・その他、特注の和紙や別注の紙製品作り、OEMの対応も承っています。
下記のお問い合わせページよりご気軽にお問合せください。


※「和紙を使った各種用紙」に関連するブログの記事:

[⇒]鳳凰飾り枠を特注のデザインでシルク印刷した和紙の免状用紙に個別に名入れする方法
[⇒]免状用紙の作製で墨文字のかすれまでも手漉きで表現してしまう和紙の技術力
[⇒]和紙の賞状用紙に鳳凰の飾り枠を繊維だけで形作る紙漉き技術の凄さ


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など
このページ上部のお問合せフォームまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




千代紙の柄と和紙の色を組み合わせて、手貼り加工で作る商品用貼箱の小箱


先日、作製依頼があった貼箱小箱の事例。

展示商談会に自社の企画商品を出展するにあたり、
収納する小さな貼箱作製のお問合せがありました。

何度かやりとりがあり、
箱の形状、大きさ、貼り紙など仕様を決定し、
まずは試作することになりました。


手の平に乗るくらいのかぶせ型の小箱で、
蓋に千代紙を12柄、身に色鳥の子紙12色を組み合わせた小箱が完成。
先日、無事納品できました。

千代紙の柄と色鳥の子紙の色の組み合わせ、
試作の出来に喜んでいただきました。

展示商談会でのお客様の反応もまたお聞きしたいものですね。

和紙商小野商店 河手




▼「友禅紙と色鳥の子紙を使った貼箱小箱」試作の詳細は以下の通りです。

【使用した和紙について】 
蓋の貼り紙:千代紙、12柄、京都産
身の貼り紙:色鳥の子紙、60kg厚、12色、福井県越前産

【箱の大きさについて】
身の内寸:45×45ミリ、深さが40ミリ
蓋:身の大きさに合わせて調整、深さは35ミリ

【印刷や加工について】
断裁、手貼り、印刷は無し

【作製部数について】
千代紙と色鳥の子紙の組み合わせで合計24箱分で試作

※通常の受注単位は、100箱以上100箱単位。
300~500箱が経済的なロット箱数と想定しています。

【試作の納期について】
箱の大きさ、形状、貼り紙、作製部数などの仕様が決定してから、
納品まで~10日程度を想定。

【作製代金について】
箱の仕様により価格は変動します。
下記のお問い合わせページよりご気軽にお問い合わせください。
(お考えの内容を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

【その他】
・貼り紙は、その他にも様々な種類の和紙の中から選ぶことができます。
・貼り紙自体も印刷や加工して別注で作製することも可能です。
・蓋と身、内と外の貼り紙に異なった柄や色の和紙を貼り、
ツートンカラーにすることも可能です。

・規格サイズは特にございません。大きさは極端に大きかったり、
深過ぎると作製が出来ないこともございます。事前の確認をお願いします。
・通常のかぶせ型をはじめ、ブック型、印籠型、観音開きなど変形の形状もございます。

・箱の表面にロゴ、マーク、文字など箔押し、
箔無しで空押しのエンボスすることでさらに高級感を演出することも可能です。
・手貼り加工、日本製

・事前に必ず出力するデータを確認させてください。
・確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙作りの支援や和紙製品のOEM対応も承っています。


※「和紙を使用した貼箱」に関連するブログの記事:
[⇒]イタリアの結婚式を彩る、引き出物を収納する手加工で作製の小間紙と和紙の貼箱小箱
[⇒]和紙と千代紙を貼り紙にした手仕事のアクセサリー用貼箱の小箱

※各種和紙や千代紙を貼り紙にして、手加工の別注で作製する貼箱に
関連するオーダーメイドのブログ記事もあわせてご覧ください。
[⇒]別注の手加工で作る和紙の貼箱


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など

このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




巻き取りの大判和紙で企業の歴史を社史という形で後世に伝える方法


新年明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


2016年初めのブログは、作製事例ページからのスタートです。
社史の編集と大判和紙へのプリンター出力について。



もうかれこれ9年ほど前になりますでしょうか…。
以前に大判和紙で社史の編集を支援させていただくことがありました。

今回は前回の内容を基に会社の新たな出来事を追加していくという作業と
その完成した原稿を全長8Mの大判和紙に大型プリンターで出力し、
後工程の表具屋さんに引き渡しするという案件でした。



まず、企業の新しい出来事や画像などを整理・準備していただき、
その内容を1つずつ年表に割り付けていき、
一通り終わったところで、文字校正をお願いし、
追加や修正を繰り返すこと約5か月ほど…

最終の文字校正が済み、
同じ内容を2つ繋げて、大判和紙にプリンターで一度に出力。
完成後は後工程の表具屋さんにお渡ししました。

この後、緞子の生地と使って巻物状に表装され、
木箱に保管されるとのことでした。

これまでこのような和紙の使用事例は稀なケース。

企業の歴史や出来事を社史という形にして
後世にきっちりと残していることが素晴らしいことだと思いました。

その歴史の一部に少し携わることができ光栄でした。
遣り甲斐のある案件でした。

今回、社史の編集と出力の関係者各位に感謝です。

和紙商小野商店 河手



▼「大判和紙を使った社史の編集と出力」の詳細は以下の通りです。

【使用した和紙について】 
大判和紙、白色、薄口(120μm)、二方耳付き、機械漉き、三重県産

【和紙の大きさについて】
紙幅870ミリ、8M巻き

【印刷や加工について】
大判プリンターによる巻きでの出力

【作製部数について】
1部

【納期について】
デザインや出力方法などの仕様の決定後、
出力原稿の文字校正のやり取り、納品まで~5か月程度を想定。

【作製代金について】
使用する和紙、仕様やデザインにより価格は変動します。
下記のお問い合わせページよりご気軽にお問い合わせください。
(お考えの内容を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

【その他】
・大判和紙の紙色はパステル調の8色(特厚手は2色)から選択が可能です。
・紙厚は、薄口(120μm)、厚口(225μm)、特厚口(300μm)の3種類から選択可能。
・大きさは巻き形状の他、各種規格サイズもございます。
・こちらの和紙はプリンター出力に対応しています。

・事前に必ず出力するデータを確認させてください。
・確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙作りの支援や和紙製品のOEM対応も承っています。
ご気軽にお問合せください。

※「大判和紙へのプリンター出力」に関連するブログの記事:
[⇒]飲食店の空間に使用、大判の鳥の子紙全面に花の写真をプリントしてつくる襖紙


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など

このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




オーストラリアに発送の和紙名刺は紙全面総柄に入った花柄と活版印刷のエンボスが特徴


こちらは以前に依頼のあった、
和紙の鳥の子紙を使った名刺の作製事例になります。



オーストラリア・メルボルン近郊の都市に在住の日本の方から
自身のお仕事で使用される名刺作製のお問合せがありました。

何度かのやり取りがあり、
名刺用紙の和紙や印刷加工内容などの仕様を決定。

名刺用紙はオーソドックスな鳥の子紙の特厚口を使用、
1枚では名刺としては薄かったので、
2枚を貼り合わせし、少し紙に厚みを持たせました。

また名刺用紙の片面に少し光沢のある白ギラを使って、
紙全面の総柄で細かな花柄を入れています。

表面と裏面にロゴマーク、ロゴタイプ、連絡先などを活版で印刷、
紙表面に刻印でエンボスしたような凹凸が特徴的な名刺に。

また名刺の四方の角は丸くする加工を施し、
通常であれば、真四角な名刺であるところに、
少し柔らかさを表現しています。



完成までかなり時間がかかってしまいましたが、
先日、無事、オーストラリアに納品。
名刺の出来に喜んでいるとの連絡をいただきました。

そう言っていただけると、今後のモチベーションアップに繋がります。
この度はどうもありがとうございました。

和紙商小野商店 河手


「活版で印刷した和紙の名刺」の詳細は以下の通りです。

【使用した和紙について】 
鳥の子紙、白色、特厚口(170g/m^2)、機械漉き、福井県越前産

【サイズについて】
55×91ミリ

【印刷や加工について】
合紙、しるく印刷、活版印刷(表面2色、裏面2色)、角丸加工(3mmアール)

【作製部数について】
500部

【納期について】
デザインや印刷や加工内容などの仕様が決定し、
完成・納品まで~20日程度を想定しています。

【作製費用について】
使用する和紙、仕様やデザインにより価格は変動します。
下記のお問い合わせページよりご気軽にお問い合わせください。
(お考えの内容を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

【その他】
・表面に入る柄は約60種類の中から選択可能ですが、
名刺サイズなら紙全面の総柄を選んだ方が見栄えが綺麗かと思います。

・名刺サイズ以外にもハガキやDM、その他の変形サイズにも対応可能です。
・その他、各種の色の和紙など転用が可能です。
・名刺原稿のデザインも承っております。(別途費用扱いになります)
・印刷の際は必ず事前にデータを確認させてください。

・事前確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、
papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

・その他、別注の和紙作りの支援や和紙製品のOEM対応も承っています。

※「活版で印刷した和紙名刺」作製に関連するブログの記事:
[⇒]鳥の子紙の全面に入った桜の花びらの総柄が特徴の個人用和紙の名刺


▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など

このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29
TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。
アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は
ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。




イタリアの結婚式を彩る、引き出物を収納する手加工で作製の小間紙と和紙の貼箱小箱


以前にお問合せがあった貼箱小箱の作製事例になります。

 

イタリア・フィレンツェ近郊に在住の日本の方から連絡があり、

ご自身の結婚式で使う引き出物を収納し、

使用後は飾ることもできるオリジナルの小箱を

作りたいとのご希望でした。

何度かやり取りを重ね、貼箱の大きさや形状、作製部数、

表面に貼る紙素材など仕様を決定。

 

蓋には友禅柄の小間紙を貼り紙として使用し、

内側にも同じ小間紙を貼り込み、身は赤い鳥の子紙にし、

少しおめでたい感じのかぶせ式貼箱の完成です。


 

貼る工程は職人の手仕事。

一箱一箱、丁寧に小間紙と和紙を貼り込み

時間と手間をかけてしっかりと作り込まれています。

 

貼り紙の向き不向きは事前の確認が必要ですが、

自分好みの和紙や小間紙を貼り込むことができたり、

ご希望の大きさで作製することもできるのが特徴です。

 

ブック型、印籠型、観音開きなど貼箱形状と貼り紙を組み合わせて、

商品や製品の高級感を演出したり、企業のブランドイメージ向上に

お役立ていただければ幸いです。

 


 

先日、イタリアでの結婚式が無事終わったとの連絡があり、

引き出物を収納する貼箱の画像を送っていただきました。

 

和の貼箱にリボンの組み合わせが何とも可愛らしいですね。

どうもありがとうございました!

 

 

▼「友禅柄の小間紙と鳥の子紙の貼箱小箱」の詳細は以下の通りです。

【使用した小間紙と和紙について】 

蓋と裏側: 友禅柄の小間紙、ベースがクリーム色 

身: 鳥の子紙、赤色、80kg厚、機械漉き、福井県越前産

 

【貼箱のサイズについて】

身: 縦70×横70×高さ50ミリ(内寸)

蓋は身の大きさに合わせて作製、下がりは35ミリ程度

 


 

【印刷や加工について】

芯材のボール紙に小間紙と和紙を包む手貼り加工

 

【作製部数について】

100箱

 

【納期について】

100箱で使用する貼り紙や仕様が決定して完成・納品まで~13日程度

 

【作製代金について】

使用する貼り紙や箱の形状、作部数など、仕様やデザインにより価格は変動します。

下記のお問い合わせページよりご気軽にお問い合わせください。

 

【その他】

・ご希望のサイズで別注対応が可能です。(100箱以上100箱単位)

・芯のボール紙の貼り紙をお好きな小間紙や和紙に変えることができます。

・他の形状で貼箱を作製することも可能です。(ブック型、印籠型、観音開き等)

・印刷や加工を組み込んだオリジナルの貼箱作製も可能です。

(お考えの内容を出来るだけ詳しくお聞かせください。)

  

・事前確認のためのデータ(.pdf又は.jpg)がございましたら、

 papers(※)tiara.ocn.ne.jp に(※)を@を変えて、直接送信ください。

 

・その他、特注の和紙や別注の紙製品作り、OEMの対応も承っています。

 下記のお問い合わせページよりご気軽にお問合せください。

 

※「貼箱」作製に関連するブログの記事:

[⇒]和紙と千代紙を貼り紙にした手仕事のアクセサリー用貼箱の小箱

[⇒]大礼紙・朱赤を利用した貼箱
 

▼こちらの記事へのご意見・ご感想は下の『コメント投稿』ボタンから登録できます。

 

▼和紙や小間紙、別注の紙製品作製に関するお問合せ、マスメディアの取材など

このページ上部のお問合せフォームからまたは下記の連絡先に直接ご連絡ください。

 

〒544-0024 大阪市生野区生野西1-5-29

TEL06-6716-0481 FAX06-6772-8531(担当:河手宏之)

 

和紙商小野商店のfacebookページを開設しました。

アカウントをお持ちの方で、ページにご興味ある方は

ページ内上部の『いいね!』ボタンを押してください。励みになります。
 

▼『企業ブランディングを和紙で彩る』 和紙商小野商店のトップページに戻ります。

 

和紙や紙製品好きな方のためのオンラインショップ
「finepaper.jp」の運営を始めました。